2007年06月27日

府中市博物館特別展「宮本常一の足跡」を見てきました

事務局の長畑左樹子です。
日本中を歩き尽くし、名も無き民衆の生活史を記録した民俗学者・宮本常一(1907〜1981)。その偉業を辿る「生誕100年記念特別展 宮本常一の足跡〜旅する民俗学者の遺産」(府中市郷土の森博物館にて7月1日まで開催中)を見てきました。

その日は、梅雨らしいお天気となった日曜日。こんな日は博物館に人が集まりやすいのかもしれませんが、観覧者の数は想像以上に多く、小さな子連れから高齢者まで様々な人の姿がありました。
展示室入り口で、宮本常一氏の生涯を記録したビデオも上映されていましたが、用意された30席ほどのコーナーには入れ替わり立ち替り人が訪れ、熱心にビデオに見入っていました。

{{01web.JPG

氏は研究としての民俗学だけでなく、各地で農林業振興、離島振興、芸能振興にも力を注いだ実践の人であったそうです。たとえば、佐渡で廃校となった小学校を利用して、地元の人々から民具3万点を集めて資料館を造り、人々に誇りを取り戻させようとしたことなどからは、その志を知ることができます。

氏が生涯を通じて歩き続けることになった原動力の一つに、「父の十ヶ条」があります。これは氏が15歳のとき、父親から送られた言葉です。その中で、「人の見残したものを見るようにせよ。その中にいつも大事なものがあるはずだ。あせることはない。自分のえらんだ道をしっかり歩いていくことだ。」・・・とても印象に残る言葉です。

posted by あいあいネット at 16:52 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 催し物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

チェロ・コンサート、いかがですか?

あいあいネットのメンバーともつながりの深いNPO平和環境もやいネットが、8月19日に京都でチェロのコンサートを企画しています。
ロマン派のチェロの名曲2曲に、日本の四季をめぐる歌、イマジン、涙そうそうなど平和を願うポピュラーな曲などが演奏されます。奏者は古川展生(東京都交響楽団首席チェロ奏者)。
売り上げは、インドネシア、ベトナム、東チモールなどでの地域支援活動に活用されるとのこと。夏の暑さを忘れて、ぜひ、いかがですか?

古川展生 チェロ コラージュ
−−大自然の息吹き 心やすらぐ森の空気
   故郷のぬくもり 人と人のつながり−−
日時:2006年8月19日(土)14:00開演 13:30開場
場所:京都市東部文化会館
自由席 入場料:前売り2000円、当日2500円

詳しくはこちら
posted by あいあいネット at 09:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 催し物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

セミナー「地域と農業の再生をめざす」のご案内

日本の山村の暮らしを学ぼう、とはじめた「朽木での聞き書き」。そこでご一緒している黒田先生(滋賀県立大学)らが中心となって、下記のようなセミナーが開かれます。
日程せまってのご案内となってしまいましたが、ご都合のつきそうな方、ぜひ。

人間文化セミナー:地域と農業の再生をめざす
日時:2006年7月14日(金)13時10分〜16時00分
場所:滋賀県立大学A1、A2(中央の時計台近くの建物とのこと)

<第一部> 13:10〜14:40 会場:A1-302
「農消資本で農業を再生させる! −−農消資本会社の仕組みと展望」
講演:渡辺 清 講師

<第二部> 14:50〜16:00 会場:A2-201
情報交換懇談会 「地域と農家と消費者をどう結ぶか」
参加予定:椋川農産、新旭針江「元気米」生産グループ、杣烽舎など。

詳細はこちら
posted by あいあいネット at 17:56 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 催し物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

第5回地球研フォーラム「森は誰のものか」(7月8日)のご案内

地球研(総合地球環境学研究所)の秋道先生から下記のフォーラムのお知らせが届きました。豪華メンバーです。入場無料。関西方面の方、ぜひ。

■第5回地球研フォーラム
「森は誰のものか? 〜森と人間の共生を求めて〜」

日時: 7月8日(土)13:30−17:30(13:00開場)
場所: 国立京都国際会館 正面まっすぐ奥のRoom D
地下鉄烏丸線「国際会館」(京都駅から20分)下車すぐ
入場無料(先着300名)

プログラムはこちら
posted by あいあいネット at 11:17 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 催し物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

今日から食育フェア!!!

1月14〜15日の週末、東京の有楽町国際フォーラムにて第3回食育総合展「ニッポン食育フェア」が開催されています。あいあいネットがJICAの研修事業の企画などで仕事・活動をご一緒している「ローカルジャンクション21」が「風土倶楽部」を出店されています。北海道・茶路めん羊牧場のテリーヌ、山形の生味噌、岩手・群馬・青森の在来種を使った豆腐、などなど、全国各地からローカルジャンクション21がイチオシの、地域の風土・暮らしにねざした、思いのこもった商品が並ぶとのこと。その他、食育に関するたくさんの出店・企画が目白押しです。関東方面の方、足を運ばれてみてはいかがでしょうか?
posted by あいあいネット at 12:35 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 催し物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

★ 第32回国際学生セミナー「NGOへの招待」★

2005年12月10日(土)〜11日(日)、国際学生セミナーが八王子の大学セミナーハウスで開催されます。あいあいネット・長畑が講師の一人をつとめます。担当するセッションは「アジアにおけるNGO:『住民主体の開発』はいかにして可能か」。

その他の講師陣とトピックは、「国際平和とNGO---アフガニスタン21年の医療活動から」(福元満治:ペシャワールの会)、「開発とNGO」(渡辺達也:東京経済大学)、「国際関係の中のNGO」(毛利聡子:明星大学)、「日本の市民による国際協力活動の流れと現状(仮題)」(伊藤道雄:立教大学)など。

対象は日本人学生、留学生、社会人若干名を含む40名(定員になり次第締切)。募集要項・申し込みなどの詳細はhttp://www.seminarhouse.or.jp/seminar32kokusai.html
posted by あいあいネット at 12:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 催し物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンポジウム「国境を越えた村おこし----日本と東南アジアをつなぐ実践」

龍谷大学瀬田学舎で下記のようなシンポジウムが開催されます。あいあいネット・島上も、「日本とインドネシアの山村の知恵を結ぶ----コモンズの保全をめざして」との(壮大な!)お題をいただき、あいあいネットが進めている「いりあい交流」の取り組みについて報告します。どなたでも参加できます。詳細は龍谷大学国際社会文化研究所まで(TEL:077-543-7746)。きれいなチラシ・ポスターもできています。http://scri.rec.ryukoku.ac.jp/symposium_2005.htm

------------------------------------------------------------------------
2005 龍谷大学国際社会文化研究所シンポジウム
“もっとやろう!普段着の国際交流!!”

テーマ:国境を越えた村おこし −日本と東南アジアをつなぐ実践−
日 時:2005年12月8日(木)15:10〜16:40
場 所:龍谷大学瀬田学舎 REC 小ホール(REC ホール1F)
    キャンパスマップ http://www.ryukoku.ac.jp/web/map/seta.html
日 程:
15:10〜 開会挨拶 松原廣志(国際社会文化研究所所長)
15:15〜 司  会 加藤剛(龍谷大学社会学部教授)

報 告
■小さな国東ティモールの大きな資源----みんなで考えるコーヒー豆の活かし方
阿部健一(国立民族学博物館地域研究企画交流センター助教授)
■フィリピン山村の植林運動----先住民とNGOをつなぐ草の根国際協力
  清水 展(九州大学大学院比較社会文化研究院教授)
■日本とインドネシアの山村の知恵を結ぶ----コモンズの保全をめざして
  島上宗子(いりあい・よりあい・まなびあいネットワーク)

16:30〜 質疑応答
16:40  閉  会

お問い合わせ:龍谷大学瀬田学舎内 国際社会文化研究所
       TEL:077-543-7746 FAX:077-543-7771

シンポジウムにつづいて報告者を囲む茶話会(無料)が催されます。

(島上)
posted by あいあいネット at 11:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 催し物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

「アミタ 持続可能経済研究所」からのお知らせ

10/10(祝・月) 第1回 自然産業系インターンシップ・フォーラム

―大学で学んでいることを地域で実践したい
―地域を売り込む営業・販売促進・事業企画をしたい
―衣食住に関わる仕事で、農林水産業に新しい風を吹き込みたい

「学生時代にいろいろチャレンジしてみたい」という学生向けに、持続研では自然産業系インターンシップを始めています。本フォーラムでは、「自然産業系インターンシップ」の概要についてご紹介いたします。先輩チャレンジャーも集結。

学生時代の活動や地域との関わりについて、お話いただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
主 催:アミタ 持続可能経済研究所
開催地:京都商工会議所
後 援:経済産業省、京都大学大学院地球環境学舎、高島市
パネル出演:山内幸治氏 (NPO法人ETIC. 事業統括ディレクター)
      赤星栄志氏 (Hemp Revo.Inc 代表)
      秋葉秀央氏 (NPO法人TINA 代表理事)
      森永麻美子氏 (エスパス 代表)
      遠藤寛子氏 (飯伊森林組合 総務課指導係)
      鹿取悦子氏 (観光農園江和ランド 職員)
日 時:10/10(祝・月) 14:00 〜 17:00
参加費:無料
公式HP:http://www.amita-net.co.jp/new/~20/hrd/forum.html
申 込:khamazaki@amita-net.co.jp に以下を記載してお申し込みください。
    −大学名・学年(社会人の方は、所属・部署・役職)
    −お電話番号・Emailアドレス
    −フォーラムへの参加目的、ご要望

(島上)
posted by あいあいネット at 11:18 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 催し物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする