2009年02月07日

マカッサルで「ファシリテーター講習:基礎編」を開催

DSCF0080_320.jpg


あいあいネット・マカッサルでは、1月31日、大雨の中、中田豊一さんを講師とする「ファシリテーター講習:基礎編」を開催しました。

参加者は南スラウェシ州で活動する青年海外協力隊員12名(全員女性です!)とJICA専門家2名+あいあいネット会員の竹安さん(京大院生で南スラウェシ州ジェネポント県で調査中)で、午後2時〜6時の予定が結局午後8時までの開催となりました。

内容は、あいあいネットが東京で行っているファシリテーター養成講座4回分を一気に凝縮し、そのエッセンスを講義形式で伝える形式をとり、ロールプレイ等は省かれました。

DSCF0083_320.jpg


続きを読む
posted by あいあいネット at 16:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マカッサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

ドキュメンタリー制作を学ぶ若者たちとの交流

「いりあい交流」は、今、インドネシア・中スラウェシの山村集落を中心に、コミュニティからなくなってしまうかもしれない様々な慣習、文化、儀礼、行事等を、地元の若者を主体に、映像で残していくための支援を進めています。1月23日〜2月2日まで、民映研の澤幡正範さんと事務局の島上(26日から増田も)が、この活動でインドネシアを訪れています。

バリで1泊した2人は、中スラウェシ州パルへ飛ぶ前に、1月24日、ここマカッサルに寄ってくれました。この機会を利用して、あいあいネット・マカッサルでは、地元のドキュメンタリー映画制作を学ぶ若者のグループと澤幡さんとの交流会を、1時間半の短時間ですが、イニンナワ・コミュニティで開催しました。

続きを読む
posted by あいあいネット at 17:05 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | マカッサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

FASID-NGO研修準備

あいあいネット・マカッサルの松井です。1月5〜10日まで、FASIDと共同で実施するNGO研修の準備をマリノとマカッサルで行いました。日本からはFASIDの杉原さん・吉田さん、あいあいネットの長畑が来訪し、マカッサル在住の松井と一緒に、実際の研修プログラムの中身と宿泊先・移動手段の手配などを行いました。

今回は、マカッサルから内陸へ車で約2時間半のマリノで活動するの地元NGOのカランポアン(Karaeng Poang)が受け入れ主体となり、バワカラエン山系の山裾にあるレンケセ集落で研修を行います。レンケセには2007年5月下旬にも行きましたが、今回は、これから田植えの準備をするところで、いくつか苗代を見かけました。研修が行われる3月初めは、もう田植えも終わって、青々とした棚田の風景を満喫できることでしょう。

DSCF6385_320.JPG
カランポアンのメンバーとともに


宿舎となる予定のマリノのスステラン・ラトゥナ・ミリアム(Susyeran Ratna Miriam)は、キリスト教関係の施設で、質素ながらも清潔なところでした。実は、ここの教会で、1946年にマリノ会議が行われたのでした。マリノ会議は、インドネシア東部各地の王侯・種族代表などが集まって独立後の諸問題を話し合い、後に、オランダと親和的な連邦制の一構成員としての東インドネシア国成立のきっかけとなった会議です。

DSCF6367_320.JPG
マリノ会議が開催された教会


今回は、あえてレンケセ集落の写真を載せませんでした。研修の様子はまた、このブログでお伝えすることになると思います。お楽しみに。


posted by あいあいネット at 12:04 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | マカッサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

ヘダールさんとの集い(マカッサル)

京都での国際シンポジウム「経験をつなぐ:グローバル・コモンズとしての森林」に出席するために日本へ向かう、中スラウェシのNGOバンタヤの顧問であるヘダール・ラウジェンさんが、あいあいネット・マカッサルに立ち寄られました。

このヘダールさんを招いて、一緒に断食明け(ブカ・プアサ・ブルサマ)+夕食に続いて、ヘダルさんの活動について、ここに集うイニンナワ・コミュニティの若者たちと議論する機会を設けました。

DSCF5808_320.JPG

一緒に断食明け。中央の青い服を着ているのがヘダールさん。


ヘダールさんは、森林資源のコミュニティでの利用に関して、住民の権利維持・拡大のために闘ってきた元弁護士さんですが、国や地方の作る法律や条例によって、森林に暮らす住民たちが「犯罪者」となってしまう現実をいくつもの例を挙げて解説し、法律や条例自体を変えていく必要性を訴えつつ、その現実が厳しいことを踏まえて、政治の場で訴えていく必要性を説きました。

イニンナワ・コミュニティの若者たちからも様々な質問が出て、気がつくと夜12時になるまで議論が続いたのでした。

インドネシアでは、「法秩序の確立」が重要視されていますが、それは法律や条例の中身が適切であることが暗黙の仮定となっています。そうした「法秩序の確立」が看板として掲げられ、結果的に、特定勢力の私的利益の追求に活用されてしまうケースも少なくありません。

ヘダールさんが京都での国際シンポで何を訴え、他の出席者から何を学んで帰ってくるのか、そして何が彼の現場へ伝えられていくのか。そんなことを考えながら、ヘダールさんたちとの議論をさらに深めていきたいと思います。

(松井)

posted by あいあいネット at 11:02 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | マカッサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

ソムニード・インドへ行ってきました

松井@マカッサルです。3月18〜24日に、インド・アンドラプラデーシュ州ビシャカパトナムでJICA草の根技術協力事業「都市近郊農村部と都市部スラムのSHGの連携による自立支援事業」を実施しているソムニード・インドを訪問してきました。

あいあいネットはソムニードに日頃からお世話になっているのですが、今回は活動の様子を見させてもらうと同時に、ソムニードのブログの立ち上げとスカイプのセットアップのお手伝いもしてきてしまいました。

ソムニードのブログは、こちらからご覧ください。笑いと涙の名調子、PCUR-LINK便りのバックナンバーがPDFファイルですべて閲覧できます。
続きを読む
posted by あいあいネット at 09:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マカッサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

マカッサル学第2回(2/23)

あいあいネット・マカッサルの松井です。2月23日、あいあいネット・マカッサルでは、1月26日の第1回に引き続き、「マカッサル学」の第2回を開催しました。

今回のテーマは「私の好きなマカッサルの場所」。出席者は、Coto MakassarやPallu Basaで釣った前回よりも少ない40名程度でしたが、彼らの情報共有は会が進むにつれて徐々にヒートアップしていきました。

まず、松井が導入として、日本軍占領期のマカッサル市中心部の地図(スラウェシ島情報マガジンのを借用しました)を提示し、現在の通りの名前が軍政期にどうだったのか、現在の市庁舎がかつて民生府があった場所であること、などを説明しました。

それに引き続いて、出席者がそれぞれの場所に関する思い出を述べ合いました。大学の学生寮のこと、自分の住んでいた家の周辺のこと、それぞれの持っている情報をシェアしあいました。

これらの情報の中から、(1)インドネシアでは一般に道路の名前が住所表示に使われているけれども、それはヨソから持ち込まれた地理認識であり、住民は昔から集落単位で住所を認識してきたこと、 (2)そうした集落名の多くがこれまでに無くなったり忘れ去られていっていること、(3)これから10年の間に起こるであろう大規模な都市開発のなかでこうした集落の歴史を書き留めていくことが必要であること、などが明らかになりました。

ちょうどこのマカッサル学と同時並行のような形で、彼らのメーリングリストにおいて、今、盛んにマカッサルの無くなりつつある集落や道路の旧名について活発な議論が始まっています。

次回は3月30日。歓楽地域としても有名な、マカッサル港近くの「ヌサンタラ通り」をテーマに話し合いをする予定です。


(松井)
posted by あいあいネット at 11:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マカッサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

「マカッサル学」開始!

あいあいネット・マカッサルの松井です。1月26日、あいあいネット・マカッサルの活動のひとつとして、「マカッサル学」の第1回を開催しました。

マカッサルに住んでいながら、マカッサルのことをどれだけ知っているのか。マカッサルの常識と思われていることを少し掘り下げただけで、実は分からないことだらけだということが自覚できる。そこからもっとマカッサルのことを知りたいという興味や欲求が湧いてくる。

そうすると、自分たちの住む地域に対する愛着と関心が増し、自分たちの足元を見つめながら、「自分たちの住む地域をどうやってよりよいものにしていくか」を自分のこととして考えられるようになってくる。そんな流れができるといいのではないか。こんな素朴な発想から「マカッサル学」を提示しました。

DSCF2350_320.JPG

続きを読む
posted by あいあいネット at 02:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マカッサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

あいあいネット・マカッサル開設

あいあいネットは、このたび、インドネシア・スラウェシ島のマカッサルに連絡事務所機能を持つ「あいあいネット・マカッサル」を開設しました。

DSCF1075_320.JPG

あいあいネット・マカッサルはこの建物の1階です


続きを読む
posted by あいあいネット at 23:54 | 東京 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | マカッサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする