2007年08月17日

岩手大学でのパネル展示会(ご案内)



「いりあい交流」担当の増田です。
このたび、岩手大学(盛岡市)で「小繋事件と入会問題 自然との<共生>」と題するパネル展示会が開催され、そのなかで「いりあい」交流の取組みも紹介していただけることになりました。

この夏、岩手大学ではJTBとタイアップし、「シニア・サマー・カレッジ(SSC)」を開講します。そのなかで、昨年10月の勉強会でお招きしました早坂啓造先生(岩手入会・コモンズの会、岩手小つなぎの会、岩手大学名誉教授)が「小繋事件と入会問題 自然との<共生>」という講義を担当され、それに関連して展示会が開かれることになりました。

展示会では、岩手大学図書館に設置されています「小繋事件文庫」の資料とともに、「岩手の入会」「小繋入会訴訟90周年」などのパネルが展示されます。
「あいあいネット」でも、「アジアの森と入会」「インドネシアの森と人々の暮らし」として「いりあい交流」の取り組みをパネル展示させていただけることになりました。(パネルは、目下、島上さんと増田で制作中、、、)

講義はSSC受講生のみを対象としていますが、展示会は一般にも公開されるとのことです。
お近くの方、ちょうど盛岡を訪問される予定の方は、ぜひ足をお運びください。

「小繋事件と入会問題 自然との<共生>」展示会
期 間:2007年8月29日(水)―9月2日(日)
開催時間:9:00-17:00
場 所:岩手大学図書館1階展示室
共 催:JTB、岩手大学(地域連携推進センター、岩手大学図書館)
制 作:岩手入会・コモンズの会、岩手小つなぎの会、
    あいあいネット
内 容:「入会(いりあい)」とは?、世界の森林の危機、今も生きる入
    会小繋事件の90周年:旧小繋村(現一戸町小鳥谷小繋)の場合
    大旦那の横暴に抗して:旧山形村戸呂町(現久慈市山形町戸呂
    町)の場合、国有林と村人たち:旧侍浜村(現久慈市侍浜)の場
    合、アジアの森と入会、インドネシアの森と人々の暮らし:
    スラウェシの場合、「入会・コモンズ型管理利用」の未来
posted by あいあいネット at 15:21 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | いりあい交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。