2013年05月01日

3月西バリ出張



こんにちは、事務局の高橋です。

3月16日から23日の西バリ出張に、1年ぶりに私も同行しました。到着した直後は雨季独特の蒸し暑さと州都デンパサールの人混みの多さに滅入ってしましましたが、、、翌日には西バリ国立公園に移動したことでなんだか一安心したように思います。

国立公園施設内で行われていた今回の研修には、エリスさんやヤンさんに加え、私たちとつながりの深いスラウェシ島パル出身でマスターファシリテーターのアジスさんにも協力してもらいました。

DSC00058.JPG
(国立公園での研修の風景)

今回の研修は、国立公園からの新しい参加者を対象にした研修です。参加者10名を対象に、更にスギさん、ムダナさん、ングラさん、ユディさんらチーム9メンバーも参加し、コミュニティとは、観察&インタビュー手法などに関する研修が行われました。
また、その研修の中では、当会の長畑がファシリテーションを行うセッションもありました。

DSC00067.JPG
(長畑によるファシリテーション)

DSC00077.JPG
(グループワークの様子)


そして、1週間の研修プログラムの後半はフィールドワーク実践でした。
チーム9ユディさんの紹介でエカサリ村パラサリを対象に、2日間参加者全員で観察&インタビューを実践するための村歩きを行いました。

DSC00210.JPG
(エカサリ村の風景。大きな教会が有名です)

DSC00102.JPG
(村人による教会の案内)

DSC00203.JPG
(村人へのインタビューの様子)


現地での研修は当然全てインドネシア語で私は悪戦苦闘しましたが、新しいメンバーたちの関心の高さやその意欲はひしひしと伝わってきました。
この研修の後、彼らはそれぞれの村で活動を始める予定ですが、次回出張へ行った際の彼らの活躍の様子が今から楽しみです!



【番外編】
今回の滞在中、私はエリスさんやヤンさん、アジスさんらと共に国立公園内のゲストハウスに宿泊していました。
夕食は何が食べれるのか毎日楽しみでしたが、今回の食事の中で最も印象に残り、また美味しかったのはアジスさんが作ってくれたパルの伝統料理カレドでした!

DSC00164.JPG
(火をおこすヤンさん)

DSC00170.JPG
(調理するアジスさん)

DSC00172.JPG
(完成したカレド。牛骨部位をじっくり煮込んで、塩コショウ、タマリンで味付け)


posted by あいあいネット at 12:21 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 西バリからの報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。