2013年04月22日

今年も実施!ベトナム研修



皆さま、こんにちは。事務局の高橋です。
年度末で少しバタバタしていましたが無事一段落しましたので、早速ブログを更新したいと思います。


2月まで遡りますが、私たちは昨年同様JICAが実施するベトナム国別「住民参加型コミュニティ開発」研修を受託しました。今回は、研修員11名のうち昨年も来日した7名に加え、今年は新たに4名が参加し、2月18日から3月4日まで研修を実施しました。

まずは、JICA横浜でのワークショップ。昨年2月の研修後の彼らの活動や、この研修の最終目標となるコミュニティ開発やファシリテーションに関するマニュアル作りの進捗や今後の進め方などについて研修員全員で話し合いました。

IMG_2701.JPG
(JICA横浜でのセッションの様子1)

IMG_2702.JPG
(JICA横浜でのセッションの様子2)

そしてその後、昨年もお世話になった山梨県上野原市西原へ行き、CBIA(Community Based Issue Analysis=コミュニティに根ざした課題分析)の習得を主な目的としてフィールドワークを行いました。
昨年も参加した研修員たちは西原の皆さんとの再会をとても喜び、今回もNPOさいはら(http://ameblo.jp/biryukan/)さんのご協力のもと、日本の冬の寒さにも慣れた彼らは積極的に西原を歩いて回りました。また、最終日に行った地域の方々との懇親会には多くの方々に参加していただき、研修員たちはベトナムの歌を、西原の方々は日本の歌を披露する場面もありました。

IMG_2737.JPG
(CBIAに関するセッション)

IMG_2768.JPG
(西原でのフィールドワーク)

IMG_2812.JPG
(フィールドワーク結果の発表会)

IMG_2847.JPG
(懇親会でベトナム語の歌を披露する研修員たち)


その後、私たちの事務所がある神奈川県川崎市へフィールドを移し、市民と行政の協働について学びました。
まずは、川崎市経済労働局の方から、行政から見た市民との協働やコミュニティビジネス等についてお話しいただきました。

IMG_2878.JPG
(川崎市経済労働局さんのお話)

そして、NPOぐらす・かわさき(http://www.grassk.org/)さんが運営している川崎市武蔵新城のメサ・グランデ(http://mesa-grande.blogspot.jp/)へ移動し、そこでお昼ご飯をいただきながら、ぐらすさんの活動やメサ・グランデの取り組みについてお話していただきました。

IMG_2881.JPG
(おひるごはんを楽しむ研修員たち)

IMG_2883.JPG
(ぐらす・かわさきさんのお話)


これらの研修スケジュールを終えた後、研修員たちは横浜に戻り帰国後のそれぞれの活動計画やマニュアル作成について話し合い、またJICAベトナム事務所とテレビ会議を行いながら、研修の成果等について現地と共有しました。

ご覧のように、今回の研修は短い期間の中にたくさんの内容が詰まったものとなりました。ご協力してくださった皆さま、本当にありがとうございました!!!

posted by あいあいネット at 11:48 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 地域から学ぶ研修事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。