2007年02月25日

ホンジュラスの山村でワークショップ



皆様ご無沙汰です。あいあいネットの長畑です。
このところ、インドネシア(PKPMプロジェクト)、大阪(JICAの参加型コミュニティ開発に関する研修)、高山(NPOソムニードによる地域づくりに関する取材、中米ホンジュラス、そしてまたまた高山・大阪(PKPM報告会)と移動が続いていて、なかなか投稿できませんでした。

2月6日〜14日、ホンジュラスに行きました。これは、あいあいネットが協力しているJICA東京の研修(市民社会活動の促進とコミュニティ開発)の修了生のひとりが、自分のフィールドで住民主体の開発に取り組もうとしていて、それへのフォローアップ、ということでの出張でした。

私は中米は初めて。成田から10数時間かけてまずUSA(ヒューストン)に飛び、一泊してからさらに3時間のフライトでようやくホンジュラスの首都テグシガルパに着きました。そしてそのまま、ワークショップが行われるラパス県へ。車は山道を3時間ほど走り、マルカラという町に着いて、そこで一泊。そして翌日さらに1時間ほど山道をドライブして、ようやく、オパトロという、今回のワークショップが開かれる村に着きました。先住民族であるLenca族が多く住む地域で、コーヒー農園労働者が殆どで、現金収入が不足して、出稼ぎも多い地域とのこと。

opatoro photo1.JPG


オパトロ集落からの眺め
今回のワークショップは、JICA東京の研修に参加した地元NGO「REHPADEG」のスタッフ、Santaさんが、その研修で学んだ「ソフトアプローチ」を活用して村人たちのイニシアティブによる活動作りに結びつけよう、というのもです。

ソフトアプローチは、日本アクションリサーチ協会理事の枦山信夫さんが研修で紹介したもので、「ソフトシステム方法論」に基づいています。これは、さまざまな世界観をもつ人たちが、それぞれの思いや考え方を出し合い、本音で語り合いながら、「落としどころ」を見つけていく、という手法です。

今回は、枦山さんが講師としてホンジュラスに招かれ、REHPADEGのスタッフらにソフトアプローチについてのワークショップを行っており、オパトロ集落での住民ワークショップは、その具体的な実践、という位置づけです。

Opatoro photo2.JPG
(「リッチピクチャー」を描く村人たち)

Opatoro photo3.JPG
(話し合いに集まった村人たち)

ワークショップには200人以上の村人が参加し、市の職員らも積極的に加わりました。それぞれの集落が抱える現状や問題点、利用可能な資源などについて、話し合いながら絵にしていきます。そしてそれをみんなの前で発表。「リッチピクチャー」には、それぞれの村人のさまざまな思いが込められています。それをお互いに共有することが第一歩。そこから、皆にとって重要な課題とは何なのか、についての分析と話し合いが始まります。

今回のワークショップは、REHPADEGにとっても初めての経験。もちろん、それまでに何度も村に通い、村人たちとの信頼関係を築き、行政とも協働ができるようになっています。ただ、さまざまな利害をもっている村人たちが、共通のビジョンをもって課題解決にあたるようになるには、まだまだ道のりは長いでしょう。でも、「出来合いのプロジェクトを村に持ち込んでも駄目だ。村人自身が自分たちの資源を活用し、課題を分析して自分たちにできることから始めないといけない」というREHPADEGのスタッフたちの思いは、必ず次につながっていくと思います。

REHPADEG1.JPG

(REHPADEGのスタッフたち。左から二人目がSantaさん。その右隣の男性が枦山さん)


女性が中心で数名の専従スタッフをもつだけの、小さな団体ですが、地球の反対側にも、「コミュニティが主体となって、自分たち自身の地域づくりをしよう」とファシリテートを目指す人たちが居る、ということはとても嬉しいことですね。

村からの帰り道、かなり荒れた森林が目につきました。自然資源を持続的に管理しながら、森とともに生きる文化をいかに次世代に繋げていけるか、ここでも同じ課題がある、との意も強くしました。

Opatoro photo5.JPG
posted by あいあいネット at 22:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 地域づくりネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。