2013年02月15日

真冬の研修、無事に終了しました【前編】



毎年恒例のJICA研修、「住民主体のコミュニティ開発(B)」を1月11日〜2月5日まで実施しました!
IMG_5594_640.jpg

一年で最も寒い時期の開催となった今回は、8か国12名(アフガニスタン、バヌアツ、インドネシア、スリランカ、シエラレオネ、ラオス、南アフリカ、ブータン)が来日しました飛行機

◇JICA東京でのセッション
IMG_5441_640.jpg

まず最初は自分の経験を思い出し、仲間と話しながら、
そもそも“コミュニティ”って一体何なんだ?”“コミュニティに関わる私たち外部者の役割って?”という事から考えていきました。

国や立場はそれぞれ異なりますが、彼らはみな地域づくりに関わる外部者で、
行政やNGOの担当者として地域コミュニティとどう関わっていったらいいのか悩んでいる、もしくは実践者として自分の力を伸ばしたいと思っている、という点で一致しています。

研修の原則は、「自分自身で気づき、発見していくこと」

1人では答えが見えないものも、仲間と一緒に話し、作業していく中で、気づきを得ていきます。

あいあいネットは答えを言わず、ファシリテーターとして彼らの学びの手助けをします。

こちらは休憩中の一コマからカメラ
IMG_5490アップ_640.jpg
向かって右から、アフガニスタンのジャワッドさん。
その知的で紳士的な物腰から、私たちは秘かに“教授”と呼んでおりました。

左側は南アフリカのムコさん。
新潟で日本酒を飲んで泥酔しました。酒のためにまた日本に戻ってくると話してます。

二人ともお国のNGOで働いています。
よく発言し、研修を引っ張ってくれた二人です。

◇いすみ訪問

最初の訪問地は千葉県いすみ市。
IMG_5539_640.jpg

ここでは、NPO法人いすみライフスタイル研究所(通称:いラ研)さんに研修を受け入れて頂きました。

いラ研さんは移住・定住の促進やイベントの中間支援、空き施設の活用などを通じてまちづくりを進めていらっしゃる団体で、地元、Iターン、Uターンと多様な方々が一緒になり、とても活発に活動していらっしゃいます。

IMG_5552_640.jpg
伝統料理「太巻き」づくりを地域の女性から教わりましたわーい(嬉しい顔)

IMG_5557_640.jpg
出来上がった太巻きと、西アフリカ・シエラレオネのサミュエルさん。
やんちゃな男の子って感じの人ですが、太巻きづくりには超真剣に取り組んでいました。
彼はこの後、行く先々で恋に落ちることになります(一方的に)。

IMG_5571_640.jpg

いラ研さんや地域の方と、グループに分かれてお話をする機会も作っていただきました。

ジャワッドさん「いすみは田舎っておっしゃるけど、電気やガス、舗装道路、施設などが揃っていて、私から見たら都会です。私は、電気もガスも何もないところが田舎だと思っているので。」

ジャワッドさんのこの発言から、このグループでは田舎と都会の定義について話が盛り上がっていました。

IMG_5595_640.jpg

いすみ2日目はグループに分かれて、地域にあるものを探すフィールドワークを行いました。

地域にあるもので、面白いと思ったもの、何だろうと思ったものを写真に撮り、
その説明を地域の方から聞いて記録します。

IMAG0210_640.jpg
上の写真は海沿いの道で見つけた案内板です。

地域の方「カニがこの道を渡りますよって、この家の人が自分で作った案内板だよ」
これを聞いたバヌアツのジョセフさん左斜め下
IMG_5449_640.jpg
「自分の国では道路をカニが渡っていても気にせず踏んづけてしまう。カニの事を思って案内板をつけるなんて、なんて優しいんだ!」と感激していました。

IMG_5617_640.jpg
最後は、フィールドワークの成果をいラ研さんや地域の方に聞いて頂きました。
20人以上の方が彼らの発表を聞くために集まって下さいました!

いラ研さん、いすみの皆さん、本当にどうもありがとうございました!

最後に、いすみ訪問を終えての研修員の感想をご紹介しますカラオケ

「お互い助け合うこと、ボランティア主体のソーシャルワークの大切さが分かりました。どんなに小さくシンプルな活動で、参加者や共感者が少数でも、創っていくことが大切だと思いました。ウィディ(インドネシア)」

「いすみ訪問はとても効果的にアレンジされていて、私たちが見る、話す、地域の方と意見交換することを上手に促してくれました。ハードウェアやインフラの開発は、最終的に自分たちの子供の問題になるという事を学びました。ジャワッド(アフガニスタン)」

「“外部者の視点で地域を見ると、利用可能な資源が見つけやすい”“地域の一員としてみると、自分たちの資源の価値を低くみてしまう”“どの地域も豊かな自然資源を持っている”いすみでのフィールドワークを通じて、これらはとても驚くべき経験でした。ムコ(南アフリカ)」

いすみ訪問の後は、真冬の新潟県中山間地を訪れるというチャレンジングな研修が彼らを待っているのですが、それはまた次回お伝えしたいと思いますわーい(嬉しい顔)

〜「真冬の研修、無事に終了しました【後編】」に続きます。



posted by あいあいネット at 10:26 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 地域から学ぶ研修事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/322540515

この記事へのトラックバック