2006年04月13日

コーヒー豆の観察日記



昨年7月の勉強会後の懇親会(別名:よいよいネット)の席だったでしょうか。
勉強会によく足を運んでくださっているキーコーヒーの青木さんが、栽培用のコーヒー豆を、何人かの希望者にわけてくださいました。

その中の幾粒かが、こんなに大切に、丁寧に、育てられています。
コーヒーまめのさいばい (←ぜひ覗いてみてください)

育ててくださっているのは、あいあいネット事務局の一人、功能さん(ロンドン留学中)の妹さん。あまりに素敵な観察日記だったので、許可いただいてブログでご紹介させていただくことにしました。

日本で一生懸命成長しているコーヒー豆は、キーコーヒーがインドネシア・スラウェシ島タナ・トラジャ県に持っているパダマラン農園からやってきた種だったはず、、。
あいあいネット(よいよいネット?)での出会いが、こんな思いがけないつながりをうみ、いのちを育むことがあるんだなぁ、といたく感激しました。

すくすく育て、コーヒー豆!

オーガニック圃場_050613.JPG
パダマラン農園のコーヒーの樹(写真提供:青木さん)。小さなコーヒー豆もいつかはこんなに大きくなるのかな。


posted by あいあいネット at 08:26 | 東京 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | いりあい・よりあい勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「コーヒーまめのさいばい」をご紹介いただき、ありがとうございます。功能知子です。豆たちは元気に育っています。
先月、一本の茎の先に在ったはずの芽が、ある朝消えていたことがありましたが、今そこにも新しい芽が育っています。http://www.asahi-net.or.jp/~mj6t-kun/03coffee/littlecoffee102.html
本業では鉄の作品を造っており、それらをホームページ内worksに紹介しています。今日は初めてホームページを見ましたというお問合せをいただきましたが、なんとコーヒー豆が縁だったようです。
Posted by 功能知子 at 2006年08月17日 15:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。