2006年04月09日

インド・マイクロウォーターシェッド調査(3)



Pogadavali集落での「成功例」

地元NGOのBREDSがこの集落で2000年から活動しています。最初はSHG(Self Help Group=自助グループ)の組織化から始めました。BREDSが関与する前、女性たちはいかなるプログラムにも参加したことがありませんでした。BREDSともう一つの地元NGOであるCSSSは、ソムニードの指導のもとに、女性たちがプログラムへ参加し、リーダーシップを発揮するよう促していきました。

そしてCSSSはBREDSと協働して2002〜2003年、日本の外務省・草の根無償プログラムとしてこの集落に砂防ダムを建設しました。その時、コミュニティ全体が砂防ダムの計画造りから実施まで積極的に参加しました。建設時には村人が皆で15,000ルピーを出資して完成後の維持管理用の基金にしました。この額はSHGに貸し付けられて、SHGメンバーによって運用されています。

基金拠出に加えて村人たちはボランティア・ワークを組織して、年に3〜5日、チェックダムの浚渫と土手の強化を行ってきました。毎年2月終わりか3月初めには、すべての世帯がボランティア・ワークに参加して、砂防ダムか溜池の修復・維持管理を行います。今回我々がこの集落を訪れた時は、ちょうど砂防ダムの浚渫が2日前に終わったばかりでした。我々は、砂防ダムが建設されて3年が経過した後でも村人たちがこうしたイニシアティブを発揮しているのに大変驚きました。我々の嬉しい驚きはまた、それまで訪れた3つの地域で出会った村人たちの依存や無気力を目にした後では格別でした。ここではまた、男性よりも女性の参加が大変活発だったのが印象的です。

浚渫済み砂防ダム.JPG

Pogadavali集落で維持管理されている砂防ダム
何が問題か、どうしたらいいか

ごく一部の例外を除いて、各種プログラムで建設された水利関係の構造物の殆どが維持管理されていない状況と言えます。実際、我々が現場で見たものは、まさに「過去のプログラムの廃墟」であったと言っても過言ではありません。

しかし同時に我々を驚かせたのは、住民たちがこれらの構造物についての正確な知識、そのメカニズムや長期的な効果についての理解が全くない、ということです。例えば、住民のうち、「砂防ダム」や「下流域への浸透を目的とした溜池(Percolation tank)」とはいったい何であるか、について知っている者は皆無でした。彼らは森林や取水構造物の重要性については朧気ながらに知っていますが、そうした一般的な知識を、実際に沈泥が与える損害や土壌水分保全手法や植林等によって集水域を保護することの実際の重要性と結びつけている者は誰もいません。

こうしたことを知らずして、言い換えれば必要な技術と知識と情報を適切に持っていなければ、誰も決して、突然外から与えられた構造物の維持管理にボランタリィに熱心に取り組むことなどあり得ないでしょう。もし我々がこの点を無視するなら、そして我々がこの点をうまく扱えるように適切な技術を持たないならば、「持続性」は紙の上だけに存在する絵空事になってしまいます。

Pogadavalli集落の事例が、コミュニティが主体となった流域管理のあり方についての一定の示唆を与えてくれます。ここで特筆すべき点は、建設された取水構造物の維持管理のためのコミュニティ基金の創出と、村のSHGによる基金の管理運用でしょう。これを可能にしたのは、NGOによる適切な関与を通じて村人たちが集中的な研修を受け、これから建設する構造物についてのオーナーシップ意識が高められたことが大きいと思います。このことから、村人による共同作業を新しい文脈の中に位置づけることと、SHGによる先を見越した対応が、マイクロ・ウォーターシェッド管理の効果的なメカニズム構築に欠かせないことと言えるのではないでしょうか。

長畑誠(あいあいネット)

女性SHGメンバーたち.JPG


Pogadavaliの女性SHGメンバー(とソムニード・インドの原康子さん)
posted by あいあいネット at 13:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 調査研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。