2010年09月04日

西バリ出張(1)



7月下旬から8月中旬にかけて、当会の長畑と山田がインドネシアの西部バリを訪れました。このブログでは初めてのご紹介となりますが、あいあいネットでは2007年よりインドネシア・バリ島西部の西部バリ国立公園で、国立公園事務所をカウンターパートとして「西部バリ国立公園管理における地域コミュニティとの共存・協働関係構築」プロジェクトをJICAの「草の根技術協力(支援型)」の支援を受けて実施しています。

P1030853.jpg

まず今回は、この西バリプロジェクトについて、簡単に説明させていただきます。

この地域では、近年現金収入を増やし、生活向上を図るために国立公園に立ち入り、違法伐採や密漁に関わる住民が増えており、西部バリ国立公園では対応に困っています。こうした中、あいあいネットは、国立公園と周辺の村々が共存し、生計向上と自然保護のために協働していくための関係作りを促進する活動を2007年7月から開始しました。

P1030832.jpg

まず、これまでにあいあいネットは、国立公園の現場職員から成るプロジェクトチーム(チーム9)を対象に、「村人とのパートナーシップ作り」「観察と仮説作り」「インタビューと仮説の検証」「コミュニティに根ざした村の課題分析」等についてファシリテーション研修を行ってきました。また、この研修では、あいあいネットに協力するインドネシアのNGOリーダーたちにもファシリテーターやリソースパーソンとして積極的に関わってもらっています。

P1030227.jpg

そして、プロジェクトのこれまでの成果としては、
・国立公園職員が、コミュニティファシリテーターとしての基本的な考え方を身につけることができた
・コミュニティの人々と対等な関係を作り、事実を基に課題を分析する手法を身につけることができた
・対象となる一つの村の現状を把握し、課題を抽出することができた
などが挙げられます。

P1030279.jpg
posted by あいあいネット at 18:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 西バリからの報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。