2009年02月19日

「いりあい交流」映像編:トンプとパルを訪問



「いりあい交流」担当の増田です。
1月24日付のブログでお伝えしましたように、1月23日から2月3日にかけてインドネシア・中スラウェシ州を訪問し、映像などで村のくらしを記録するワークショプをおこないました。

そのときの様子を、まずはダイジェストでお伝えし、内容は適宜、追加・修正していきます。

           bulog_jan09_008.JPG
                 集会所の前で記念撮影

前回の訪問(2008年5月)から約8ヶ月ぶりの訪問。トンプの人々も、パルの若者たちの間でもいくつかの変化がありました。

■ トンプ集落訪問(1月27日ー30日)

bulog_jan09_001.JPGなんとトンプへ向かう山道は、拡張工事中。
工事が完成すれば、自動車でトンプに向かうことができるようになります。トンプの人たちにとって便利になりますが、麓の世界の影響も大きく受けることが予想されます。このことはトンプの長老たちも心配しているようです(詳しくは後ほど)。




bulog_jan09_002.JPG米と粟の粽をつくってくださいました。ヤシの若葉をくるくると巻いたものと、「ダッカ」という葉で包んだものの2種類です。
「ダッカ」は竹筒に詰めてた後、水を入れて、火にくべて茹でます。








bulog_jan09_005.JPG
 粽は、トウガラシとトマトをベースにしたソースと絡めて食べます。ほのかに竹と葉の香りがします。






bulog_jan09_018.JPG
 その様子を、澤幡さん、ダフィト、島上さんの3台のカメラが捉えます。集落長さん(粽を竹筒に詰めている方)はやや緊張ぎみ。
 澤幡さんは、帰国後、粽つくりの過程を一本の小作にまとめました。




ちょうど稲の籾をまくという焼畑があるといいます。(私たちの訪問と合わせてくださったのかもしれません)写真中央の丘の上の伐開地が今回、種まきをする焼畑です。写真を拡大すると、焼畑内で作業する人々の姿が見えます。
        bulog_jan09_010.JPG



種まきの作業は共同でおこなわれました。まず、男性は掘り棒で地面に穴をあけ、その後に女性が籾を数粒ずつ入れていきます。
bulog_jan09_006.JPG






bulog_jan09_007.JPG



男性は「ホホホイノ、ホイ!(と聞こえる、、、)」といった歓声(奇声?)を上げながら、リズムカルに穴をあけてゆきます。


bulog_jan09_011.JPG
焼畑の真ん中には、小枝で四角形の囲いがつくられ、その脇には3種類ほどの植物が植えられます。
そして、そのなかに種まき作業のリーダーとなる人が座り、籾を播き手に分けていきます。
写真は、その様子を撮影するダフィット。



焼畑が拓かれた場所は絶景の地。大空をバックに撮影中の澤幡さん。bulog_jan09_019.JPG

bulog_jan09_009.JPG種まきの作業が終わると、焼畑の持ち主から食事がふるまわれます。








元気に走り回る子供たちbulog_jan09_003.JPG


bulog_jan09_012.JPG最終日、一足先にダフィットが下山し、レンタルした車でトンプの下まで迎えにきてくれました。
(トンプの一番下の集落から10分と歩かない地点)
 パパ・ジャニと「トンプ三人娘」が車の入る地点まで見送ってくださいました。

(写真は「トンプ三人娘」)





■ 映像編集のワークショップ
(パル市内/「バンタヤ」事務所、1月31日)

bulog_jan09_013.JPGトンプで撮ってきた映像をプロジェクターで映し出し、澤幡さんの指導を受けながら編集。
他にも、パルを拠点に活動する「ヤヤサン・メラッ・プティ」も参加。彼らは、中スラウェシ州東部の山岳地域の人々と数年来の関わりがあり、ダマール採集の様子を記録していました。なかなかの力作です(ブログでお伝えでいないのが残念)


bulog_jan09_014.JPG

■最後の夕べ(2月1日)
bulog_jan09_016.JPG海岸脇の公会堂で「竹の焼畑」(民族映像文化研究所、2000年)やインドネシア国内のドキュメンタリー・フィルム・フェスティバル(MetroTV主催)の入賞作品を上映。インドネシアの作品は、撮影技術や題材はなかなかのもの。けれども、ひとつひとつのシーンが流れるように過ぎてゆき、じっくり見せるというつくりではないような気がします。ダフィットが追っているものは、きわめて地味なもの。けれども、こうしたテンポの作風に流されないでほしいなぁ、とは島上さんがポロリと口にした言葉。

bulog_jan09_017.JPG「どうして、この作品を撮ろうと思ったのですか?そして、誰にどんなメッセージを伝えようとしたのですか?」
『竹の焼畑』を観て、パルの若者たちが澤幡さんに質問を投げかける。




■ このほかにもお伝えしたことが多々あるのですが、追って加筆修正していきます。(/増田)






posted by あいあいネット at 20:20 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | いりあい交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。