2008年09月28日

国際コモンズ学会、イギリスにいってきました



2か月以上前の話になってしまいましたが、7月11〜20日、イギリスにいってきました。International Association for the Study of the Commons(国際コモンズ学会、とでも訳すのかな?)の大会に参加するためです。
入会研究で知られるマーガレット・マッキーン(Margaret A. Mckean)さんが日本の入会をテーマとしたセッションを企画することになり、室田武さん(同志社大学)、三俣学さん(兵庫県立大学)をはじめとする日本のコモンズ研究者の方々に混じって、「いりあい交流」の実践経験を報告してきました。

マッキーンさん.jpg








街角でおしゃべりするマッキーンさんと三俣さん


この学会、1984年に設立され、1990年から1〜2年おきに大会を開いていて、今年で12回目。今年は70カ国あまりから、600人近くが集まったそうです。5日間、11ものセッションが同時並行。膨大な報告数(500くらいはあったと思う・・)、多岐にわたるトピック(なんでもかんでも「コモンズ」の感もあり・・)、慣れない英語にやや消耗気味ではありましたが、世界各地からの人々に出会えたのは刺激的でした(報告の大部分はこちらで公開されています)。

私にとっては初イギリス・初ヨーロッパ。
隅々まで綺麗に整えられた公園や街並みに、ゴチャゴチャッとしたアジアの活気・喧騒が懐かしくもなりましたが、歴史を感じさせる建物というのは、やっぱりどこか安心感、温かみを感じますね。(微妙に柱がゆがんでいたとしても・・・)

P1090784_320.jpg P1090890_320.jpg


「この家は築150年・・・」とか、
「うちの家族はローマ人征服時代にここに来たのよね」とか、
そんな会話が当たり前のように出てきて、物事をみる時間軸の長さ、歴史を受け継いでいるという意識の強さが印象的でした。

日本に戻り、日常を振り返ると、身の回りのモノの寿命の短さにちょっと愕然としてしまいします(家も家具も電化製品も・・。昔のほうが、モノの命は長かったんじゃないのかなぁ)。
フローではなく、ストックの豊かさをもっと大切にしたい、と思えてきます。

冒頭の話題へのこじつけじゃあありませんが、そうしたストック(時代を超えて受け継ぎたいもの)の豊かさを支える・可能にするのが、コモンズ(いりあい・よりあい)といえるのかもしれないですね。(しまがみ)
posted by あいあいネット at 14:47 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | いりあい交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。