2005年12月11日

宮本常一『農漁村採訪録』刊行



4000日以上を旅で過ごし、その足跡で日本地図を塗りつぶしたと言われる民俗学者・宮本常一の調査ノート『農漁村採訪録』が周防大島文化交流センターから刊行されています。A5のノートに手書きで記された調査ノートをワープロで書き起こしたもの。これまでに「大阪府下漁村・漁業調査ノート」と「広島県下漁村・漁業調査ノート」の二冊が刊行されていますが、これからも続けて刊行予定とのこと。調査ノートをワープロ入力する翻刻作業体験の参加者も随時募集されているようです(http://www.suouoshima.com/miyamoto_note.html)。『採訪録』は一冊1000円。申し込みは周防大島文化交流センター(tel:0820-78-2514)まで。

宮本常一.JPG

posted by あいあいネット at 16:54 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 本・出版物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
森本先生からの情報でおじゃましました(^^)
うわ〜本当に載ってる(^^)
宣伝していただいてありがとうございますm(_ _)m
今後ともよろしく(^^)
文化交流センターの担当者より
Posted by へろ at 2005年12月19日 09:44
「へろ」さん、はじめまして。森本さんに「宣伝してもいいですかぁ」とお聞きしたものの、担当者の方にご報告せず、ムダン掲載していいもんかな、とちょっと心配でした。よかった、みていただけて、、。地道なお仕事、敬服しています。今後ともどうぞよろしくお願いします。(しまがみ)
Posted by あいあいネット at 2005年12月28日 18:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。