2008年06月12日

「いりあい交流」第2弾・映像編:中スラウェシでワークショップ開催 (3)



「いりあい交流」担当の増田です。

5月の中スラウェシ訪問記の第3回目です。
今回の項目は、以下のとおり。

----------------------------------------------
5日目(5月24日);ヴンジャの森へ向かうも、、
 ■焼畑での播種作業
 ■澤幡さんとダフィット君
 ■「椿山ー焼畑に生きるー」上映会

6日目(5月25日):焼畑をめぐり、パルへ
 ■焼畑に暮らす
 ■ママ・セラの撮影
----------------------------------------------


5日目(5月24日):ヴンジャの森へ向かうも、、

 朝、目を覚ますと、青空が広がり、まずまずの空模様です。この日はヴンジャを行う予定の場所へ向かう予定にしていました。パパ・ジャニーたちに「まず、朝食を食べてから」と引き止められたものの、その朝食が出てこない、、、。そのような次第で、食事を終えて出発したのは午前10時ごろ。この日はパパ・ジャニーともう一人の老人が同行してくださいました。


■焼畑での播種作業


 昨日の焼畑の脇を抜けると、その先にはパパ・リタ夫妻が火入れを終えた焼畑で播種をしていました。
 パパ・リタ夫妻は昨シーズンとその前のシーズンまでは、もっと奥の尾根の斜面に耕地を拓いていたので、今回は焼畑の場所を大きく移したことになります。また、一昨年の耕作では、集落長さんと耕地を並べていましたが、今回は単独で耕地を拓いています。焼畑を一緒に拓くメンバーも固定しているわけではなく、そのときどきで入れ代わるようです。

中心の稲.jpg 火入れで拓いた空間のうち、その内側を燃え残った木の幹や裂いた竹で囲い込み、さらにそのなかを区分けして、2種類の陸稲を蒔いていました。すでにもう一種の陸稲やトウモロコシなどは蒔かれており、芽を出してしました。
photo25.jpg



 作業では、掘棒で地面に穴を穿ち、そこに籾を数粒入れていきます。籾は自宅で保管していた袋から取り出し、ココヤシの殻の容器に移します。そのなかの籾の上には4-5センチほどの小石が入れてあります。これは「籾が早くなくなってしまわないようにするためのもの。そして、稲の精霊がどこかにいってしまないようにするためのもの」ということでした。


 耕地の廻りをじっくりみると、さまざまな発見があります。まず、四角形の焼畑のひとつの隅に焼畑の「薬」となる植物が5種類ほど植えてありました。また、蔬菜も複数種植えられていました。トウモロコシは耕地内のある一角に数列に渡って植えてありましたが、焼畑を囲う枠の外にも、枠に沿って一列にトウモロコシが整然と芽吹いています。また、それとは別の枠の外には、マメやカボチャ、バナナ、サトウキビ、キャッサバがやはり整然と植えられています。マメやカボチャ、トウモロコシは、一株ずつ等間隔で植えられているのに対し、キャッサバは3本の挿し木が一組になって植えられていました。トウモロコシは焼畑のうち斜面の上方に植えられているのに対し、それ以外の蔬菜は斜面の最も底部に植えられていました。昨年1月にもこの夫妻の焼畑を訪れましたが、同じような構成で蔬菜が植えられていたことを思い出しました。
「トンプの焼畑にも、村の知恵がぎっしりと詰まっている」
澤幡さんは、複数種の稲や蔬菜が細やかな秩序をもって植えられているのをみて、ていねいにカメラに収めてゆきました。


photo27.jpg パパ・リタの焼畑で予想外の発見があり、またダフィット君も播種作業の様子にじっくりとカメラを向けていたため、すでに時刻は昼近くに。パパ・リタの焼畑を後にすると、ママ・セラ夫妻の焼畑に。この焼畑はママ・セラ夫妻が伐開したのですが、その後、夫妻は村を離れることになったため、ママ・セラの親であるパパ・ジャニ夫妻が播種をしました。現在、耕地の半分にはトウモロコシが、残りには陸稲が植えてあり、トウモロコシはすでに収穫時期を迎えています。

 そうこうしているうちに、薄暗い雲が一気に頭上に広がり、雨がポツリポツリと滴ってきました。パパ・ジャニーの導きで斜面を降りる枝道に分かれ、すぐ下にある焼畑の出づくり小屋へ駆け込みました。パパ・ジャニの焼畑でもいできたトウモロコシを焼きながら雨宿り。1時間ほどで雨が上がると、集落への道を辿ることになり、またしても「ヴンジャ」をおこなうという森には到達できませんでした、、、。


■澤幡さんとダフィット君

 今回、澤幡さんには日本からデジタルビデオカメラをお持ちいただきました。そして、トンプでは澤幡さんとダフィット君はそれぞれに映像を記録してもらい、パルに戻った後に比べてみようと計画していました。基本的にトンプではメンバー全員で移動したので、二人は同じ対象を撮影しています。ときどき同じような位置でカメラを廻すこともありましたが、多くの時間、二人はそれぞれの角度から撮影されていました。

photo30.jpg しかし、幸か不幸か、雨宿りの後にカメラを廻そうとすると、澤幡さんのカメラの調子が悪くなってしまいました。澤幡さんはトンプから見下ろす下界の風景を撮影されたかったらしく、ダフィット君のカメラを借りて撮影することになりました。それまで、ダフィット君はカメラを三脚に据えることは稀でした(所持していた三脚が壊れていたという理由もある)が、このときは澤幡さんが持ってこられた三脚にカメラを据えて、じっくりと長いカットでカメラを廻しました。その傍らでダフィット君は澤幡さんの撮影をじっと眺め、澤幡さんもダフィット君に撮影のポイントなどを説明をしています。以来、二人は一台のカメラでいっしょに撮ることになりました。ダフィット君にしてみれば、マン・ツー・マンの個人レッスンです。
「ダフィットは、なんと贅沢な指導を受けているんだ。こんなの日本だと講師料だけでいくらかかるんだ」
島上さんは冗談を交えながら、二人の間で通訳をしていました。


■「椿山ー焼畑に生きるー」上映会

photo34-2.jpg 晩には、集会所で、民族映像文化研究所の作品「椿山―焼畑に生きる―」を上映しました(夕方、発電機は無事に到着)。夕暮れどきからダフィット君のフィルムを廻すと、まず子どもたちがスクリーンの前に並び、しばらくして大人たちもわらわらと集まってきました。すっかりと陽も落ち、村びとの人数も多くなったところで「椿山」の上映に。スクリーンは、吹きさらしの集会所の軒に垂らし、集会所の中からも外からも鑑賞できるようにセット。多くの村びとたち(とくに女性)は集会所の外に集まっており、村びとが映画を観ながらどんな反応をするのか見てみようと、私も集会所の外に腰を下ろしました。

photo38-2.jpg 上映中、島上さんがところどころで解説を加えたものの、基本的には映像を流すだけ。村びとは当然、日本語のナレーションはわかりません。けれども、作中で流れる椿山の焼畑や暮らしぶりを自分たちと比べていたようで、ときおり驚きや感嘆のような声が上がったり、隣の人とささやきあう様子がうかがわれ、映像だけでも十分に伝わっていることを感じました。
 椿山では、山焼きの準備として蔓の根っこまでも抜いたり、木に登って枝を落としたりと、丁寧に作業をしてゆきます。また、火入れ後には、耕地内の石を除けてきれいに積み重ねてゆきます。こうした手の込んだ作業の連続にトンプの人びとは、驚いていた様子でした。作中には台風による痛々しい被災のシーンが出てきます。トンプでも自然と深く向き合った暮らしをしてきたからこそ、より強く共感できたのかもしれません。

 文章にはない、映像のもつ表現と伝達の力をあらためて実感しました。もちろん、上映会の後はヤシ酒と日本酒で「よいよいネット」です。

6日目(5月25日):焼畑をめぐり、パルへ

 この日にパルに戻る予定でしたが、「ヴンジャ」の森を見てみたいという気持ちを抑えることはできず、ふたたびパパ・ジャニーに尋ねてみました。しかし、やはり首を縦に振ってくれません。どうも話を伺うと、ヴンジャの森は集落から遠い上に、まだ伐開作業をわずかにおこなっただけで、はるばる出かけても大して見るものはない、ということのようです。それならばトンプ周辺をもう少し歩いてみたいことを伝えると、集落の近くで私たちがまだ出かけたことのない方面(「ブロック・バ・バンジ」という地名が付けられている)を歩こうということになりました。

■焼畑に暮らす

 「ブロック・バ・バンジ」は「竹のある起伏の少し先」といった意味のようで、集落の南東に伸びる尾根筋に位置しています。薮の中の枝道をしばらく進むと、突然に視界が開けて耕作地が広がっていました。ここで耕作しているのはパパ・ラチュの1世帯。すでに12年もこの周辺で耕作地を廻しているとのこと。パパ・ラチュ一家は、集落ではなく焼畑に住居を建てて居住しているそうで、古くからのトンプの居住形態を続けています。すでにトンプの多くの世帯は、市場や学校への利便性から、また政府の指導により、集落を形成して集住するようになっていますが、パパ・ラチュのように焼畑に暮らし続けている世帯もまだまだいるようです(パパ・ジャニによると、この間、パパ・ラチュに住居を集落に移して一緒に暮らすことを提案してきてもいるとのこと)。

小屋遊び-2.jpg 自宅の脇には、小さな小屋が竹やロタンの葉でつくってありました(写真右)。聞けば、パパ・ラチュの子どもたちが遊びで建てたのだといいます。このように子どもたちは遊びを通じて、竹の裂き方や屋根材の編み方、小屋の構造などを学んでいくのでしょう。住居のすぐ先の斜面には、火を入れた場かりの耕地が広がっていました。

BBBanji.jpg パパ・ラチュの家を後にして、さらに道を進むと、今度は数世帯が隣り合って拓けた焼畑が広がっており、それは圧巻でした。あちらこちらに拓かれている焼畑に、澤幡さんもすっかりと興奮状態です。焼畑の斜面はかなり急なのですが、火入れをおこなったばかりの土はふかふかで歩きやすいのです。谷を挟んだ斜面には、2007年2月に尋ねた集落長さんの焼畑跡が見えました。すっかりと薄い緑色に覆われており、植生の遷移の早さに改めて驚いたのでした。

■ママ・セラの撮影

 ママ・セラは携帯電話を持っています。当初、この携帯電話はトンプとの連絡用にパパ・ジャニに渡したものでした。しかし、普段、パパ・ジャニは携帯電話を持ち歩かず、結局、娘のママ・セラが携帯電話を持ち歩いているようです。
 さて、今朝ほどから、ママ・セラが携帯電話を私に向けています。どうやら携帯電話のカメラで私を撮ろうとしているようです。「写真を撮るの?」と尋ねると、ママ・セラは「いつも、あなたたちは私たちを撮っているでしょう。私もあなたたちを撮るわ」と言うのです。そして、私たち一人一人を撮影していきました(気のせいか、澤幡さんのショットが多いような気がします、、、)。どのような写真を撮ったのでしょうか。それにしても、これまで一方的に「撮られてきた側」が「撮る側」にまわるという逆転が興味深く思われました。これまで、トンプで撮影してきた写真や映像をトンプの方々に見てもらうというやりとりのなかで、こうした展開が出てきたのでしょうか。今度、トンプに上がったら、写真を見せてもらえないか、ママ・セラにこっそり尋ねてみようと思います。


tompu集合.jpg 昼過ぎに、集会所に集まった方々に別れを告げ、パルへ下りました。ここ数日の天気は本当に急変しやすく、先ほどまで青空が見えていたのに、とたんに空は暗くなり雨が降り出す始末。二日後にセミナーへの参加のためにパルで再開したママ・ジャニーによると、トンプを出発した私たちの上に黒い雲が近づくのを見て、「あっちへ行け」と唱えて雲を追払ってくれたそうです。

(次回につづく)



posted by あいあいネット at 12:52 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | いりあい交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。